102A31
健康格差の社会的決定要因となるのはどれか。2つ選べ。
 
1.教育
 
2.収入
 
3.社会参加
 
4.職場環境
5.食品の入手可能性

○1
○2
教育水準が高いと,健康に良い行動をとりやすい,とされている。
家計支出が少ないと,栄養摂取状態が悪く,循環器疾患のリスクが高まるとされている。
 
×3
社会参加も健康格差に一定の影響があるが,教育や収入ほどではないと考えられるため,国試の解答としては×となる。
 
×4
職場環境も健康格差に一定の影響があるが,教育や収入ほどではないと考えられるため,国試の解答としては×となる。
 
×5
食品の入手も健康格差に一定の影響があるが,教育や収入ほどではないと考えられるため,国試の解答としては×となる。

 1,2