103A31
Aさん(65歳,女性)。1人暮らし。要支援2。認知症はあるが,他に治療をしている疾患はない。介護保険で介護予防訪問介護を週2回,介護予防通所介護を週1回利用している。介護予防通所介護以外に外出の機会はない。最近,空腹になると夜中でも満腹になるまで,家にある食べ物を何でも口に入れてしまうようになった。Aさんは自宅で生活することを希望していることから,地域包括支援センターの保健師はサービス担当者会議を開催することにした。
サービス担当者会議の参加者として適切なのはどれか。2つ選べ。
 
1.訪問看護ステーションの理学療法士
 
2.訪問看護ステーションの訪問看護師
 
3.介護予防通所介護事業所の介護職員
 
4.介護予防訪問介護事業所の訪問介護員
 
5.認知症対応型共同生活介護〈認知症高齢者グループホーム〉の相談員

×1
×2
治療対象となる疾患がないため,訪問看護ステーションは無関係。
治療対象となる疾患がないため,訪問看護ステーションは無関係。
 
○3
現在,介護予防通所介護を利用しているため,介護職員を参加させることは適切。
 
○4
現在,介護予防訪問介護を利用しているため,訪問介護員を参加させることは適切。
 
×5
本人は自宅で生活することを希望しているため,グループホームが選択されることはない。

 3,4