[感染症の保健活動・学校感染症]
頁数は保健師国試スキルアップブックNEO第2版の対応頁を示す。
●感染症法の一部改正について → p.131
 感染症法の一部改正があり,平成26年9月19日および平成27年1月21日から新たな感染症の規定が施行されています。したがって,p.131の表3-32の内容の一部が以下のように変更となります。
  • 5類感染症全数把握に,カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症播種性クリプトコックス症薬剤耐性アシネトバクター感染症(定点報告から全数報告へ改訂),水痘(入院例に限る)の4疾患が追加されました。
  • 2類感染症に分類されていた重症急性呼吸器症候群は,重症急性呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る)と変更になりました。
  • 指定感染症に分類されていた中東呼吸器症候群鳥インフルエンザ(H7N9)が,2類感染症に変更されました。また,この分類の変更とともに,中東呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属MARSコロナウイルスであるものに限る)と規定されました。
  • 指定感染症に分類されていた鳥インフルエンザ(H7N9)は,従来の2類感染症に分類されていた鳥インフルエンザ(H5N1)とひとまとめにされ,特定鳥インフルエンザ(病原体の血清亜型がH5N1およびH7N9であるものをいう)と変更になりました。
※整理・変更後の表はこちら → 表3-32
 
●感染症法の一部改正について → p.129
 感染症法の一部改正があり,平成27年5月21日から5類感染症の新たな届出規定が施行されています。したがって,p.129の内容の一部が以下のように変更となります。
  • 5類感染症(全数報告)のうち,侵襲性髄膜炎菌感染症および麻疹につきましては,ただちに患者氏名,住所,年齢,性別の届出が必要になりました。
 
●学校保健安全法施行規則の一部改正について → p.169
 学校保健安全法施行規則の一部改正があり,平成27年1月21日から新たな感染症の規定が施行されています。したがって,p.169の表4-5の内容の一部が以下のように変更となります。
  • 第1種
    3.重症急性呼吸器症候群は,
    重症急性呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属SARSコロナウイルスにあるものに限る)と変更になりました。

    11.鳥インフルエンザ(H5N1)は,特定鳥インフルエンザ(病原体の血清亜型がH5N1およびH7N9であるものをいう)と変更になりました。

    12.新型インフルエンザ等感染症,指定感染症,新感染症は,第1種〜第3種の分類とは別に,新たな第4の項目に移行し,「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律で規定する新型インフルエンザ感染症等,指定感染症および新感染症は規定にかかわらず,第1種感染症とみなす」と変更されました。出席停止期間も第1種感染症と同様に治癒するまでです。

    新たに,中東呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属MARSコロナウイルス出あるものに限る)が加わりました。
  • 第2種
    1.インフルエンザは,
    インフルエンザ(特定鳥インフルエンザを除く)と変更になりました。
※整理・変更後の表はこちら → 表4-5