保健医療論 第3章 社会保障制度と医療経済

頁数はSTEP公衆衛生(第13版)の対応頁を示す。
矢印は前年との比較を示す。
 (:増加,:減少,:微増,:微減,:横ばい)
●生活保護(平成27年度)  p.40
被保護人員
216.4万人
扶助費総額
3兆6,977億円
医療扶助人員
216.4万人(82.1%)
医療扶助費
1兆7,785億円(48.1%)
 
●保護開始の理由(平成27年度)  p.40
貯金等の減少・喪失 34.1%
傷病による 25.2%
働きによる収入の減少・喪失 21.5%
 
●医療保険適用者数(平成26年3月末現在)  p.42
被用者保険 7,450万人(59.0%)
国民健康保険 3,594万人(28.5%)
後期高齢者医療制度 1,577万人(12.5%)
 
●国民医療費(平成26年度)  p.47
国民医療費の総額
40兆8,071億円
 
国民1人当たりの国民医療費
32.1万円
 
対国民所得比
11.20%
 
対GDP(国内総生産)比
8.3%
→  OECD諸国のなかでは中位のやや上に位置
 
●制度区分別医療費(平成26年度)  p.48
医療保険等給付分 46.9%
後期高齢者医療給付分 32.8%
患者等負担分 12.4%
公費負担医療給付分 7.4%
 
●財源別医療費(平成26年度)  p.48
保険料 48.7%
公費 38.8%
患者負担 11.7%
その他 0.8%
 
●診療種類別国民医療費(平成26年度)  p.49
医科診療医療費 29.3兆円(71.7%)
 入院医療費 15兆2,641億円(37.4%)
 入院外医療費 13兆9,865億円(34.3%)
歯科診療医療費 2兆7,900億円(6.8%)
薬局調剤医療費 7兆2,846億円(17.9%)
訪問看護医療費 1,256億円(0.3%)
 
●年齢階級別医療費(平成26年度)  p.49
総医療費の割合 65歳以上 58.6%
75歳以上 35.4%
1人当たりの医療費 65歳以上 724,400円
75歳以上 907,300円
65歳未満 179,600円
 
●傷病別医科診療医療費(平成26年度)  p.49
全年齢 循環器系
20.1%
新生物
13.6%
筋骨格系および結合織
7.8%
呼吸器系
7.4%
損傷,中毒およびその他の外因の影響
7.4%
その他
43.7%
65歳以上 循環器系
25.9%
新生物
13.9%
筋骨格系および結合織
8.6%
損傷,中毒およびその他の外因の影響
7.6%
腎尿路生殖器系
7.2%
その他
36.8%
 
一覧に戻る